トレヴァー・ラヴィン「ライブ・イン・LA」|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

トレヴァー・ラヴィン「ライブ・イン・LA」


89年作。ARW改めイエスうんちゃらかんちゃらで再びロック・スターとして現役活動中の、ご存知「ハウじゃない方」のイエスのギター・マン、トレヴァー・ラヴィン唯一のソロ・ライブ盤。当時『ビッグ・ジェネレーター』ツアーも終了、ライブの充実度とは裏腹にメンバー間の軋轢も重なり、ラヴィンはあわよくば独り立ち?も見据えて4thソロ『キャント・ルック・アウェイ』を発表。曲者ボブ・エズリンをプロディースに迎え、イエスのアルバムから派手なサウンド・メイキングを除き、彼のギター・テクを前面に出した「らしい」ロック・アルバムに仕上がった。ツアーはコストの面で危ぶまれたが、ラヴィンは敢行。イエスの曲及びソロの3rd、4thの曲で構成されたツアーは良い意味で可もなく不可もなくおまけにあまりフックも無い「らしい」ライブに。赤字を抱えたラヴィンは再びイエス立て直しに向かうが・・・以下次号。ラヴィンの個性はホーンやスクワイア、アンダーソン等変化球揃いの中でこそ光る物、80年台のイエスにはこの「普通のロック」感覚担当、が無くてはならないものだった。ツアー・バンドのメンバー、ルー・モリノⅢ(Ds)は今回のARWのメンバーとして再び参加している。イントロのフレーズは後に『リフト・ミー・アップ』で再利用?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[02/01 ゆーじFB]
[11/01 サネヒロgym]
[08/09 オーマイ]

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ