U.K「ライブ・イン・ボストン」(J.W追悼)|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

U.K「ライブ・イン・ボストン」(J.W追悼)


78年作。第一期U.K,かつては唯一の公式ライブ盤。元々はFM放送用音源をメンバーに無断で商品化し、問題となって直ぐに回収されたが、その後和解となり公式盤化された。アラン・ホールズワース(g)入りの4人U.K、その1st『U.K』発売後のプロモーショナル・ツアーでの伊達姿。しかしバンドの方向性を、楽曲や歌物メロディー主体と考えるウェットン+ジョブソン側、インプロビゼーション主体と考えるブルーフォード+ホールズワース組での対立は萌芽どころか既に始まっており、ライブで毎回「違う」アプローチで叩くブルーフォードは変速でも良いアクセントになっているものの、ホールズワースの自己主張はどこまでも強く、メンバーのアンサンブルをぶち壊しても自己流バカテク・ギターを掻き鳴らす。と云うか、この人、このCDではそんな事しかやってない。(ブートだと割りと大人しめのライブもあるが・・)また、キーボード+ヴァイオリンでジョブソンにもソロ指向はあり、ウェットン以外の全員が短い持ち時間の中、出番を巡って割りと険悪な雰囲気。ぶっちゃけ初期構想でウェイクマンがいても理想は「ミニ・クリムゾン」だった筈で、指導者フリップがいないとこうなるよ、と云う見本になってしまった。その後インプロ組脱退でウェットン主体で活動、後のエイジアに連携するのはむしろ怪我の功名か?今となってはそれで良かったとしか・・・(泣)。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[02/01 ゆーじFB]
[11/01 サネヒロgym]
[08/09 オーマイ]

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ