ゴブリン「フィアレス」|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴブリン「フィアレス」


19年作。マッシモ・モランテ(g)率いる方のオリジナル・ゴブリン、新作は映画『ゾンビ』公開後40周年記念、及びG.ロメロ監督追悼盤。内容は「ゾンビ」再演6曲、「サスペリア」再演2曲。
規模から言うと、ミニ・アルバムに近い?先にクラウディオ・シモネッティズ・ゴブリンがデモニア時代の録音盤を再編集して、『ゾンビ』再演の追悼盤をやはり出している。
異なるゴブリン名義でニュー・アレンジの「ドーン・オブ・ザ・デッド」が2パターンも発売される2019年、誰が79年当時こんな未来を予想した。柔らかい肉が欲しい。ダダーン!!!
さて、モランテズ・ゴブリン、これまでは全派生バンド中、最も原曲に近いアレンジを施していたが、今回は先を越されたのを痛感してかやや現在流行りのプログ・メタル系の音像に近い演奏。割とエネルギッシュな楽曲となっており、この路線に向かうなら今後も楽しみではある。
勿論ギター・オリエンテッドな暴走族のテーマ、「サラトゾム」も全開。ショッピング・モールをぶっ潰せ!!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ