ピート・ブラウン・アンド・ピブロクト「サウザンド・オブ・ア・ラフト」|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

ピート・ブラウン・アンド・ピブロクト「サウザンド・オブ・ア・ラフト」


その時代でしか生み出されない作品、と言うのは確かに、ある。
それは一歩間違えれば、何でこんなんが流行ってたんかいな、てな感じになるんだけど、70年代のロンドンの香気、雰囲気をここまで感じさせる作品は他には、ない。
またまたジャズ・ロックで御免なさい。好きなんだよ。
無骨でユーモラスで詩的なヴォーカルに絡む、しゃきっとしたリズム・セクション、堪りませぬ。
インスト「ハイランド・ソング」が当然プログレ好きにはウケると思うけど、「サウザンド・オブ・ア・ラフト」が同時期のフロイドっぽくて良いな~。
ディスクユニオンのセールで40%OFFで購入したけど、これは2ndで、1stとのカップリングや前バンドのバタード・オーナメントが廉価盤で海外では出てるよ。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[02/01 ゆーじFB]
[11/01 サネヒロgym]
[08/09 オーマイ]

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ