エルトン・ディーン「ザ・ハンドレッド・クラブ・コンサート1979」|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

エルトン・ディーン「ザ・ハンドレッド・クラブ・コンサート1979」


うーん、この人はもうジャンルはジャズですねぇ。
恐らくソフト・マシーンのファン、若しくはクリムゾン「リザード」→キース・ティペット関連のCDのファン、辺りが買っていると思うのだが、内容は英国人らしく、ユーモアと知性が感じられるフリー・ジャズと言った感じ。
しかしこの人、関連アルバムが多い多い。
マシーン関連やナイン・センスやニュー・センス、イン・カフーツまで含めると、軽く200枚位行くんじゃないのか?
しかもWikiにも全アルバム情報は乗っておらず、廃盤も多いし、ものの本によると未だ未CD化のアナログ盤もかなりあるらしい。
ジャズってこんなんが普通なのか、そもそもこの人、ストレートなジャズ系のファンにはどう評価されているのか、それが知りたいICHIでした。
ソフト・ワークスの来日時にも改題盤が演奏された、「セブン・フォー・リー」は、それでもやはり名曲だと思いまっす。
中古はあまり出回らないので、見つけたらすぐに買っておくのが吉だと思うよ。


PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[02/01 ゆーじFB]
[11/01 サネヒロgym]
[08/09 オーマイ]

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ