エイジア「シンフォニア~ライブ・イン・ブルガリア2013」|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エイジア「シンフォニア~ライブ・イン・ブルガリア2013」


13年作。これがウェットンズ・エイジア、最後のライブ作品となってしまった。フロンティア-ズ・レーベルはエイジアのスタジオ盤⇒ライブ盤⇒スタジオ盤・・・と律儀に交互に発売しており、順調であればダウンズが「今年中(16年)に作業を終わらせたい」と話していた新作スタジオ盤がこの後出る筈だったろうに・・。さて、本盤はサム・コールソン(G)加入後初のライブ作品でブルガリアの市営交響楽団との共演、なんだが、残念ながらオーケストラとの相乗効果は余り生きていない。元々シンフォニックな側面のあるイエスやEL&Pと異なり、エイジアのナンバーはクラシカルなバックアップには向いていないのだ。何となく企画倒れ、の感もある。使い方を間違えなければELOやパープルみたいにキマるケースもあるので、やはりこれは相性の問題だろう。コールソンは出来ればもう少し個性を出すべき。御大は相変わらず楽しそうではあるが・・・。演奏されるのはいつもの定番ヒット・ナンバーなので、あくまでウェットン先生現役最後の勇姿を偲ぶべき作品。ビリー・シャーウッドの力を借りてでも、ダウンズは残されたマテリアルで、最後の「コーダ」を制作するべき、強く希望。べき、べき。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[02/01 ゆーじFB]
[11/01 サネヒロgym]
[08/09 オーマイ]

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ