ヘンリー・カウ「Vol.9 レイト」|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヘンリー・カウ「Vol.9 レイト」



78年作。アヴァン・ロックの雄、ヘンリー・カウの「40周年記念BOX」のバラ売り版が発売。それぞれ膨大なライブ・アーカイブを含み、カンタベリー研究家の同好の士には宝の山だろうが、まずは最終巻をリスペクト。公式にはカウ、最後のライブ録音盤。4th『ウエスタン・カルチャー』発表と同時期で、バンドはティム・ホッジキンソン(Sax,Organ)をリーダー格に持つクインテットに。フレッド・フリス(g,Violin)、クリス・カトラー(ds)の過去メンバーも健在。前作より参加のリンゼイ・クーパー(Oboe,Basoon他)も、ホッジキンソンと音楽的に意気投合して、前にも増して暴れまくる。これはカンタベリー系のバンド全般に言える事だが、ライブはスタジオ盤より、ラウドで、アートで、一層アヴァンギャルド。70年台のソフト・マシーンがスタジオ盤とライブ盤、両方を聴かないと正確な理解が出来ない様に、カウもそれぞれの時期のライブ録音を聴き込む事により、更に全貌が見えて来る。最早バンドとしての限界値も垣間見え、後のRIOの活動も見据えた最後の雄叫び。クリムゾンとは異なる次元から立ち現われる白鳥の歌、これも一つのプログ・ロックの終焉、バイブル・ブラックな空間を体験せよ!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[02/01 ゆーじFB]
[11/01 サネヒロgym]
[08/09 オーマイ]

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ