リック・ウェイクマン「神秘への旅路(デラックス・エディション)」|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

リック・ウェイクマン「神秘への旅路(デラックス・エディション)」


76年作。イエスなり今回のARWなり、バンドに加盟している時には旧譜再発・新譜取り混ぜてとことんソロ・アルバムを出しまくるウェイクマン。またもや発売ラッシュになっており、まずはA&M時代のデラックス・エディション・シリーズ、ソロ5作目の『神秘への旅路』が再発。ファーストの『ヘンリー8世~』から順繰りに発売されているが、ソロ4作目のサントラ『リストマニア』は権利がややこしいのか、オミット。初めて文学作品に題材を取らず、生命の「生まれ変わり」にテーマを取ったコンセプト・アルバム。この頃からプログレ・バンドは全体的に斜陽の時期にあり、全三作と比べるとセールスは良くなかったらしいが、組曲の『転生』,ヴォーカル曲の『囚人』等は出来が良く、近年までウェイクマン・バンドのライブ・レパートリーになっていた。ある意味後年クリスチャン・ミュージックにも傾倒するウェイクマン、スピリチュアル方面に舵を取った最初の作品。2枚組で、CD2は同年76年のBBCハマースミス・オデオンでのライブ。単独盤として既発の物だが、リマスタリングされておりお徳用2枚組76年版ウェイクマン・ボックス、と考えれば悪くない。A&M時代もこれで残るは、イエスのメンバーのサポートで好盤となった『犯罪白書』、迷走期の始まり?となった『ラプソディーズ』の2枚となったが、こちらもデラックス・エディションを出すのかな。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[02/01 ゆーじFB]
[11/01 サネヒロgym]
[08/09 オーマイ]

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ