グレッグ・レイク「グレッグ・レイク+マヌーヴァーズ」|残酷!音楽怪獣プログレ    忍者ブログ

残酷!音楽怪獣プログレ

しがないプログレ好きで、よく中古盤を漁っています。ときどきライブなんぞにも行っておりやす。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グレッグ・レイク「グレッグ・レイク+マヌーヴァーズ」


81年+83年作。レイクのEL&P解散後のソロ・アルバム、2in1のリマスター盤で再発売。これでレイクのソロは03年のフルバンド・ライブ盤を除いて、全て現行盤で入手可能になる。EL&P解散後のレイクの次のキャリアはソロ・アーティスト、紆余曲折有って故ゲイリー・ムーア(g)、トミー・アイアー(Key)他、当時のヘヴィ・メタル系のメンバーをバック・バンドに迎え満を期してファースト・アルバムを発表する。が結果はまぁそこそこ。ツアー終了後、ほぼ同じ座組でセカンドも作成するが、こちらは話題にもならず、以降EL&パウエルの結成時までレイクは雌伏の時間を過ごす事になる。アルバムは現在で言うパワー・メタル・ポップで、エイジアを通過した耳で聴くとファーストは曲順なんかも考慮されていてそんなに悪くない。が、最初のシングルがムーアの持ち曲の『ニュークリア・アタック』である事からも判る様に、レイクの作った曲が似た様なフレイヴァーが多く、セカンドはレイクの曲が多い分、裏目に出て大味なアルバムになっているのもまた事実。最も解散後にエマーソンはホラー映画『インフェルノ』のサントラ、パーマーは何故かホワイト・ファンク・バンドの『PM』と、皆それぞれに迷走していたが・・・。ボーナス・トラックにTOTO+トム・スコット(Sax)をバックに従えたデモ曲を収録。こっちの路線でAORしてた方が受けが良かったかも?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[02/01 ゆーじFB]
[11/01 サネヒロgym]
[08/09 オーマイ]

バーコード

プロフィール

HN:
ICHI
性別:
非公開
趣味:
プログレ好き
自己紹介:
プログレは楽しい。プログレは、音楽ジャンルではなく、新たな人生の思考法だ(=^・・^=)

ブログ内検索

P R

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター

忍者アナライズ